陥入爪 病院 何科

陥入爪は病院の何科を受診するのか

スポンサーリンク

爪に関するトラブルの中に陥入爪というものがあります。
このような症状が現れたときには、病院の何科を受診すればいいのかわからないという人がいます。
陥入爪になったけれど病院の何科を受診すればいいのかわからないという人が少なくありません。
しかしここで心配することはありません。
陥入爪にしっかりと対応をしてくれる病院はいくつかあります。
陥入爪というのは爪の病気となっています。
したがって何科を受診すればいいのか考えたときには、皮膚の一部と言うことで皮膚科になります。
このほかに何科を受診することができるのかというと、形成外科や外科や美容外科となっています。
陥入爪の治療方法に関しては、症状がどのように進行しているかによって対処が異なっています。
陥入爪の症状が比較的軽いという場合には、何科を受診するのかというと、皮膚科で十分となります。
内服薬や外用薬が処方されるようになっていますが、爪の部分切除が行われることもあります。
スポンサーリンク

陥入爪の症状が中度のこともあります。
この場合は病院の何科を受診すればいいのかというと、形成外科が安心です。
ここでは外科的な治療を受けることができるからです。
ワイヤープレートを使った矯正治療が行われています。
症状が重いという場合には、薬を使って爪母という爪の根っこを破壊したり、すべてを切除するという手術が行われています。
この場合病院の何科を受診すればいいのかというと、形成外科となります。
陥入爪には治療方法がたくさんあります。
したがって病院によって治療方法が異なっています。
治療に関する選択肢も多くなっているので、病院を選ぶときにはしっかりと考えるようにします。
治療方法や矯正方法には痛みがあるものやほとんど痛みがないものがあります。
また治療に関して保険適用されるものやされないものがあるので、事前にしっかりと確認しておくことが大切になります。
症状が現れたときには自己判断をせず、まずは医療機関を受診するようにします。
スポンサーリンク