爪白癬 処理

爪白癬の原因や処置の方法について

スポンサーリンク

爪白癬は白癬菌という菌に感染することで起こる症状です。
白癬は感染した部位によって病名がことなりそれぞれ足白癬、爪白癬、体部白癬、股部白癬、手白癬などと呼ばれます。
日本では爪白癬の患者は約1200万人およそ10人に1人存在すると確定されています。
爪白癬に対し医療機関で処置を行う場合には外用の抗真菌剤は奥深くに浸透しないため抗真菌剤の内服役で処置をすることが原則とされています。
内服薬で処置をする場合には外用薬で処置をする場合と異なり塗り忘れたり塗り残したりする心配がなく処置をするのに時間や手間がかからない方法ではありますが、ごくまれに薬による副作用が起こる可能性もあり、また肝臓障害がある場合には使用できないなど注意すべき点もいくつかあげられます。
爪白癬をの症状がある場合には他にも足白癬などの他の白癬が合併している場合が多くみられます。
初期段階では爪甲表面には変化がありませんが症状が進行すると爪甲変形が発生して蛎殻様になることもあるため症状があらわれたら早めに医療機関で処置を行いましょう。
スポンサーリンク

水虫は大きく分けて2種類が存在します。
一つは白癬菌というカビが原因によるもので、もう一つは白癬菌とは関係ないものです。
白癬菌が原因とそうでない場合には治療法も異なってきますが、自分では見分けることが難しいため症状があらわれた場合には早めに医療機関に行き適切な処置を行いましょう。
爪白癬の治療法は長期にわたっておこなう必要があるため予防法を知り感染しないように注意することも重要となります。
白癬菌は主に足の親指の爪に感染するといわれています。
爪白癬の場合には爪の角質の部分に寄生して皮膚の表面だけでなく爪にも感染して、爪のケラチン蛋白で育っていきます。
爪白癬の場合には他の水虫と比較すると痛みやかゆみなどの症状がありませんが、放置してしまうことで爪が変形し痛みを感じるようになり歩きにくくなったりする可能性もあります。
また爪が崩れた部分から他の菌が入り込み2次感染を起こす可能性もあるため異常を感じた場合にはできるだけ早く医療機関に行き症状の原因を特定して治療を受けましょう。
スポンサーリンク