爪白癬 治らない 原因

爪白癬がなかなか治らない原因

スポンサーリンク

 爪白癬とは、爪水虫といわれる疾患であり、文字通り水虫が爪に発症することです。
多くの人が悩まされているありふれた病気であり、日本では1,200万人の人が爪白癬にかかっているといわれているくらいメジャーな爪の病気となります。
そして、一度かかるとなかなか治らない厄介な病気となっています。
 爪白癬の原因については、すでに足白癬いわゆる水虫を患っていて、そこから感染するというのがおもな原因となります。
爪白癬は自覚症状がほとんどありませんので、治療が遅れてしまうということも治らない原因となっていますし、爪の中にはたくさんの白癬菌が存在しているということも、治らない原因のひとつとなります。
 爪白癬をはじめとして足や手にできる白癬(水虫)は、人から人へと感染します。
脱衣所の足ふきマットなどから、家族に感染する場合も多いのが現状となっています。
爪白癬や足白癬は、一度感染するとなかなか治らない病気となりますので、感染原因となる足ふきマットやタオル、スリッパなどは家族と共有しないようにしましょう。
スポンサーリンク

 足白癬の場合には、かゆみや痛みを伴うことが多いのですが、爪白癬の場合には、前述しましたように自覚症状はほとんどありません。
おもに、爪の外観から見た目で罹患していることに気がつく場合が多いです。
外観的な爪白癬の症状については、爪が白く濁っている、白い筋が入っている、爪が変形している、爪が分厚くなっていて脆くなっているといった症状が挙げられます。
 なかなか治らない爪白癬は、おもに足の親指の爪に感染します。
爪の角質に寄生し、角質内にあるケラチンというタンパク質をエサにして増殖していきます。
自覚症状はほとんどありませんが、放置しておくとどんどん爪が変形していきますので、やがて痛みを感じるようになり、歩行が困難になる場合もあります。
 爪がボロボロになったことが原因で、崩れたところから白癬菌以外の菌が侵入してしまい、2次感染を引き起こす可能性もあります。
そうなるとますます治らないようになりますので、爪に何らかの違和感を覚えた場合には皮膚科を早めに受診されることをおすすめします。
なかなか治らない原因は、早期治療を行なわないことにもあるからです。
スポンサーリンク