爪 周囲炎 肉芽 治療

爪の周囲炎と肉芽腫の治療について

スポンサーリンク

爪囲炎(そういえん)とは、文字通り爪の周囲炎のことであり、手指の爪やその周りに周囲炎が発生する感染症のことです。
爪の周囲炎である爪囲炎に罹患すると、症状が軽い場合には、指先が赤くなり痛みもそれほどひどくはありません。
特別な治療を施さなくても、自然治癒するケースも少なくありません。
しかし、周囲炎が悪化すると痛みを強く感じるようになり腫れてきます。
 爪の周囲炎がさらに悪化すると、肉芽(にくげ)という症状が現われるようになります。
肉芽とは、周囲炎でも赤い粒状のただれた状態のことであり、膿が出る場合もあります。
肉芽になって、何ら治療を施さず放置したままでいると、症状が悪化してしまい指が曲げられなくなります。
 肉芽の原因は、おもに黄色ブドウ球菌という細菌です。
細菌が指先に侵入し感染が広がることによって、腫れや炎症を引き起こすひょう疽となります。
そして、ひょう疽が悪化して化膿した症状のひとつが肉芽というわけです。
スポンサーリンク

 前述しましたように、爪の周囲炎は症状が軽い場合には、本来人間の身体に備わっている自然治癒力や自己免疫力によって自然治癒することもあるのですが、痛みが続く場合には悪化する前に早目に医療機関を受診して、適切な治療を受けるようにしましょう。
受診する診療科は皮膚科となるのですが、整形外科も選択肢となります。
 皮膚科で施される治療については、軽度の場合には抗生物質で細菌を殺す治療が施されるようになります。
処方される抗生物質には、内服薬と外用薬とは存在しています。
また、痛みが強い場合には、痛み止めが処方される場合もあります。
症状が悪化して膿がたまり、肉芽の状態になっている場合には、たまった膿を取り出す治療が施されます。
 最初は小さかった肉芽も、炎症が続くと大きく成長していきます。
大きく腫れ上がり、炎症が届かなくなった肉芽腫の中心部分は壊死してしまいますので、自然に小さくなることはありません。
壊死した細胞は二度と元に戻ることはありません。
ゆえに、大きくなる前に治療することが重要となります。
スポンサーリンク