爪 周囲炎 何科

爪の周囲炎は何科を受診するのか

スポンサーリンク

爪の周りが炎症を引き起こしていると言うことがあります。
これは周囲炎と呼ばれるようになっていますが、爪の周囲炎に関しては病院の何科を受診すればいいのかわからないという人も少なくありません。
爪の周りが赤く腫れたりズキズキとした痛みを感じるというような症状がありますが、このほかには周囲から膿が発生するというようなこともあります。
爪の周囲炎に関しては病院の何科を受診すればいいのかわからないという人もいますが、まずは周囲炎がどのような病気であるかをしっかりと頭に入れておくようにします。
爪の周囲炎は症状が悪化すると、周辺から炎症範囲が広がってしまいます。
このときに細菌が骨に侵入して髄膜炎を引き起こしてしまう可能性があるので、病院を受診する必要があります。
この時に病院の何科を受診すればいいのかというと、皮膚科になります。
病院の何科を受診すればわからないという場合には、まずはかかりつけ医に相談をするようにします。
スポンサーリンク

爪の周囲炎の症状が軽い場合には患部を清潔にしておくことで自然治癒することもあります。
しかし悪化してしまったときには大きな病気につながることもあるので、早めに病院を受診する必要があります。
放っておくと怖い症状を引き起こしてしまう爪の周囲炎ですが、病院の何科を受診するのかわからないという人もいます。
何科を受診するかを考えたときにはやはり皮膚科ということになります。
皮膚科では適切な治療を受けることができます。
それは原因となっている菌に対する飲み薬や痛み止めを処方してもらうことができるからです。
塗り薬や消毒は、状態にあわせてさまざまな治療法の中から選んでくれるようになっています。
したがって病院の何科を受診するかわからないときには、皮膚科を受診するようにします。
爪の周りにできた小さな傷や、水仕事をしてしめった状態になっている主婦の発症が多いと考えられています。
したがって乾燥を心がけ清潔にすることで予防が可能です。
スポンサーリンク