陥入爪 はじく 治療

陥入爪のはじく治療について

スポンサーリンク

爪のトラブルの中に陥入爪というものがあります。
これはどのような状態となっているのかというと、爪が皮膚に食い込んで強い痛みが発生するものとなっています。
しかしできるだけ早く治療をすることで、自分でもしっかりと治療をすることができます。
したがって治療方法をしっかりと頭に入れておくことが必要になります。
足の爪が食い込んで痛みを感じると言うことがあります。
この状態を陥入爪と言いますが、巻き爪と呼ばれることもあります。
陥入爪というのは、爪の側面が周囲の皮膚に食い込んだ状態となっています。
陥入爪が悪化してしまうと、炎症や感染を引き起こしてしまうので危険です。
赤く腫れて強い痛みが発生することもあります。
炎症によって痛みがあり腫れている状態が続くと、出血しやすい肉芽が発生します。
これは傷を治すための働きをしますが、炎症によって肉下が発生することでさらに増殖してしまうという悪循環となってしまいます。
したがって早期の治療が必要となります。
スポンサーリンク

陥入爪になる原因はいくつか考えられています。
それは爪の切り方や遺伝やスポーツをすること、加齢などがあります。
そこで気になるのが陥入爪の治療方法となります。
病院を受診するという方法もありますが、自分で治療をすることもできます。
民間療法として糸ようじではじくという方法があります。
糸ようじではじくと聞くと強い痛みを感じるのではないかと考える人がいます。
これは食い込んだ爪を糸ようじを使ってはじくという方法で、外側に出して肉芽の部分をクエン酸を使って治療をするという方法になります。
爪をはじくと言うことで一時的に痛みが軽減します。
しかし爪をはじくと言うだけで陥入爪の根本的な治療にはなりません。
はじくという方法は再発の可能性もあります。
肉芽が発生しているときにはすぐに病院を受診します。
はじくという方法よりも効果があるのがテーピングとなります。
テーピングを行って皮膚を引っ張るようにします。
これは直接患部を触ることがないので安全な方法となります。
スポンサーリンク