爪周囲炎 膿 治療

爪周囲炎の原因や膿を出すなどの治療法について

スポンサーリンク

爪周囲炎とはささくれやさかむけ、ふかずめや巻き爪、マニキュアや爪を噛む癖などが原因で傷ができ化膿菌が侵入して発生する症状です。
爪の根元に向かって症状が進んでいきます。
爪周囲炎の症状で急性炎症が起こっているのなら爪の周囲に痛みを感じたり発疹や腫れなどが見らます。
症状が進行すると膿がたまり激しい痛みを感じる場合もあります。
爪の側面や付け根に発疹や腫れがあらわれ、症状が悪化すると膿がたまり黄色く見えます。
治療法としては自分で膿を出そうとせずに医療機関で治療を受けることをおすすめします。
自分で膿を出した場合には細菌感染を起こして悪化してしまう場合もあります。
医療機関で行われる治療法としては症状が初期ならば化膿止めや抗生物質や冷湿布で治療をします。
膿がたまっている場合には切開して取り除きます。
指先は神経が多く存在している部位のため痛みを感じやすい部位です。
痛みを感じた場合には無理をせずに早めに医療機関を受診しましょう。
スポンサーリンク

爪に膿がたまってしまった場合に考えられる症状の一つとして爪周囲炎があげられます。
爪周囲炎は急性爪囲炎とひょう疽に分けられます。
急性爪囲炎の場合には初めに爪の周囲に痛みや赤みや腫れなどの症状があらわれます。
症状が悪化すると膿が出てくる場合もあります。
激しい痛みを感じることが特徴で時に眠れないほどの痛みを感じる場合もあります。
ひょう疽も症状が似ていますが最大の違いは症状があらわれる場所とされています。
前者は爪の周囲に症状があらわれ、後者は指の腹側など爪から離れた部位にも症状があらわれます。
このような爪周囲炎の症状の特徴として共通して赤みや腫れや痛みがあげられます。
爪周囲炎の症状があらわれた場合には自分で対処せずにできるだけ早く医療機関で治療を受けることをおすすめします。
自分で誤った対処をしたり、症状を放置することで症状が悪化してしまうと治療の時間がかかってしまう場合もあります。
爪周囲炎の治療には症状が初期なら化のう止めや抗生物質の外用や内服で治療を行います。
症状が軽いうちに適切な対処をすることが早期治療につながります。
スポンサーリンク