手の爪 押すと痛い 原因

手の爪を押すと痛い原因

スポンサーリンク

手の爪が痛むことはよくありますが、原因としては様々でどこかにぶつけてしまったりして内出血を起こしてしまうなどがありますが、指先はほとんどの動作で使うため少しでも痛みがあるとその動作が正しくできない場合があります。
ですから手の爪を押すと痛いという症状が出たらすぐに原因を探り正しく治療する必要があります。
更には爪がはげてしまうこともあるためはy目の対処が必要です。
放置しておくと合併症により他の病気にも感染してしまうことがあります。
ですからできるだけはやく対処することが大事ですが素人の目だけでは正しく判断できない場合もあるため、専門の病院にいき正しく判断してもらうことで正しく治療することができ治りが早くなる場合があります。
スポンサーリンク

またグロームス腫瘍というものがあり、これは手の爪の先にできる良性の腫瘍です。
爪を押すと痛い場合や爪に青いあざのようなものがある場合、更には水につけると異常なほどまでに痛むという場合にもこの病気が考えられます。
この病気にかかると手の先がうまく使えないことがあるため生活に支障が出てしまうことがあります。
放置しておくと痛みが更に増したりなど症状が悪化してしまうことがあるため早めに対処することがポイントです。
しかし手術をして正しく摘出することにより完治するものです。
腫瘍と聞くと重大なものと勘違いされやすいですがこの病気の場合には良性ですので手術をすればきれいに治ることが多いです。
しかし放置していると変色が酷くなったりすることがあります。
スポンサーリンク