巻き爪 ワイヤー 痛い 原因

巻き爪の原因とワイヤー治療は痛いのか

スポンサーリンク

巻き爪に悩まされているという人がいます。
原因はいろいろ考えられていますが、足に激痛を伴うようになっています。
このような不快な症状を改善することができるのがワイヤーになります。
巻き爪に関するワイヤー治療と言うことになりますが、爪にワイヤーを装着して矯正をするというようになっています。
これで爪が皮膚に巻き込むのを防ぐことができるという効果があります。
しかし爪に硬いワイヤーを装着すると言うことで、痛いのではないかと心配している人も少なくありません。
巻き爪のワイヤー治療に関しては、痛いと言うことはありません。
爪の両端にワイヤーを装着して、爪が巻き込んでいる方向とは逆に引っ張るようになっています。
これによって痛いという症状を軽減させることができます。
爪が巻き込むことが原因となって痛いと感じるようになりますが、この治療によって原因を取りのぞき、痛みの緩和をすることができます。
このほかに爪を矯正するという効果も期待されています。
スポンサーリンク

巻き爪の痛みの緩和に関しては、すぐに効果が現れることが多くなっています。
これは原因となっている皮膚に爪が食い込むというのを改善することができるからです。
痛いという場合には、病院を受診して治療をしてもらうことで、原因をしっかりと取りのぞくことができます。
ワイヤー治療は巻き爪の矯正と言うことになりますが、効果が出るまでには一定の期間が必要になります。
その中で巻き爪の治療に対して早い人では、1ヶ月で完治させることができます。
しかし症状がひどい場合には、1年が必要になることもあります。
これは原因や個人差が影響をしています。
ワイヤー治療を始めた後には、できるだけ爪が巻き込まないように原因となる負荷をかけないように注意が必要となります。
これが巻き爪の早期の治療につながります。
心配されるのが痛いのかと言うことですが、爪にドリルで穴を開けて装着するようになっていますが、爪が痛いと言うことはありません。
治療もすぐに終わるので安心して施術を受けることができます。
スポンサーリンク