巻き爪 膿 放置

巻き爪による膿を放置するとどうなるか

スポンサーリンク

爪が極端に歪曲してしまう現象を巻き爪といいます。
巻き爪は手の爪に起こることもありますが、ほとんどの場合は足の親指の爪に起こります。
巻き爪が起こると爪が歪曲した状態で伸びるので周りの皮膚に食い込むようになり、痛みを感じるようになります。
この状態を放置していると陥入爪という状態になり、爪が皮膚の内部に突き刺さって炎症を起こすようになります。
陥入爪になると出血起こしたり、傷口から細菌が侵入して化膿したりするようになります。
この状態になっても放置していると骨髄炎などの重篤な症状に発展してしまう可能性がありますし、痛い部分をかばうことで腰や膝などの他の部分を痛めてしまうこともあります。
また、放置していると最悪の場合は指を切断しなければいけなくなることもありますし、そこまでいかなくても放置している期間が長ければ長いほど治療は困難になります。
そのため、巻き爪は放置せずに早急に適切な治療を受けることが大切です。
巻き爪の治療には時間がかかることが多いですが、放置せずに適切な治療を受ければ十分に治る可能性があります。
スポンサーリンク

巻き爪による膿が原因で病院に行く場合は皮膚科や外科、整形外科などを受診するのが一般的です。
患部が化膿していなければ専用のワイヤーなどを使った矯正治療で治すことも可能ですが、患部が化膿している場合は基本的に手術が必要になります。
この場合の手術方法にはフェノール法などがあります。
フェノール法とは局所麻酔をしてから食い込んでいる爪を部分的に除去し、その後フェノールという薬品で爪の根元を処理することでその部分から爪を生えなくさせる手術方法です。
フェノール法は患部が化膿しているような高度の陥入爪に対して有効な治療法ですが、爪の幅が狭くなるので将来的に足の踏ん張りが効きにくくなるというデメリットもあります。
巻き爪による膿を放置すると大変なことになる可能性があるため自分で膿を出そうとする人も少なくありませんが、無理に自分で出そうとするとさらに細菌感染を引き起こして症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。
応急処置として自分で膿を出す場合は患部をよく消毒し、処置後も患部を清潔に保つことが大切です。
スポンサーリンク