巻き爪 膿 出し方

巻き爪による膿の出し方などの対処法や症状について

スポンサーリンク

膿んでしまうほどの巻き爪になると激しい痛みが走ります。
巻き爪で膿が出て出血を伴っている場合には巻き爪ではなく陥入爪と呼ばれる状態です。
爪の角が皮膚から内側へと突き刺さることで炎症が起こっています。
巻き爪がおこると爪の端を切ることで一時的に痛みが和らぐため爪の端を切ることを繰り返しますが、そのたびにさらに爪が巻き込んでいくため巻き爪が悪化して陥入爪になります。
この状態になっているときに細菌が侵入すると膿が出ます。
やみくもに自己流の膿の出し方で膿を出すと細菌感染などを起こして症状が悪化する場合もあるため陥入爪になったら自己流の出し方で対処しようとせずに病院へ行き治療を受けることをおすすめします。
どうしても自分で対処したい場合には入浴後などの爪の周辺の皮膚が柔らかくなった時に力を入れすぎないようにして膿を押し出し、清潔なガーゼなどで患部をふいて消毒して様子を見ましょう。
自分で対処したい場合にはこのような出し方で化のう止めなども利用して細菌感染を防ぎましょう。
また米粒大のコットンなどを爪と足の指の間に詰め込むことで多少改善が見られます。
スポンサーリンク

巻き爪で膿が出ている状態はかなりひどい症状である場合です。
巻き爪とは爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことで、症状がひどいと炎症をおこし激しい痛みも伴います。
痛みがひどくなることで日常生活に支障をきたす場合もあるため、痛みを感じなくても軽度のうちに治療を受けることをおすすめします。
症状が軽いうちに治療受けたほうが早く治ります。
巻き爪には様々なタイプの症状がありますが陥入爪と弯曲爪という代表的な2つの変形があげられます。
巻き爪は放置してしまうと最終的に切断という可能性もなくはありません。
また自己流の出し方で膿を出した場合には細菌が入って悪化する場合もありますし、楽になるからといって爪の端を切り取れば一時的に痛みは和らぎますが根本的な解決にはなりません。
このような症状になった場合には自己流の出し方などで対処をせずに医療機関に行き適切な治療を受けましょう。
自分でもできる極力細菌感染を予防できる膿の出し方もありますができれば医療機関で適切な出し方で対処してもらい症状が起こらないように予防することで根本的な症状の改善につながります。
スポンサーリンク