爪囲炎 放置

爪囲炎は放置するとどうなるのか

スポンサーリンク

爪囲炎という病気があります。
爪囲炎とは爪のトラブルとなっていますが、ばい菌に感染することで症状が現れるようになっています。
爪囲炎は皮膚が赤くなったり腫れたりというような症状が現れるようになっています。
このほかには腫瘍のようなものが発生することもあります。
なぜ爪囲炎が発症するようになっているのかというと、その原因は次のようになっています。
黄色ブドウ球菌が原因となっていますが、その他に大腸菌などが関係していることもあります。
爪の下の僅かなところから膿が発生すると言うこともあります。
したがって放っておくと症状が悪化することもあります。
放置しても症状が改善すると言うことはありません。
放置するのではなくしっかりと治療をすることが必要です。
爪囲炎の診断に関しては、ばい菌の種類を特定する必要があります。
膿が発生しているという場合には、その性状をしっかりと検査する必要があります。
これで原因となっている菌を特定することができます。
スポンサーリンク

爪囲炎に気がついたときには、放置せずにしっかりと状態を確認する必要があります。
爪囲炎は放置しても自然治癒すると言うことが少なくなっています。
したがって病院を受診して適切な処置を受けるようにします。
放置しておくとさらに症状が悪化して治療までに長い期間が必要となります。
病院ではどのような治療が行われているのかというと、症状が皮膚だけに現れて、爪床の症状がないときには、爪を抜かなければいけないというようなことはありません。
この場合放置するのではなく抗菌薬を全身投与するという治療が行われています。
このほかの治療方法は局所療法となります。
具体的には膿が発生している部分を切開し、膿を取り出すと言うことが行われています。
この病気に気がついたときには、放置せずに病院を受診するようにします。
指先が赤くなったり腫張や痛みや熱感などを感じたときには、我慢をせずに皮膚科を受診するようにします。
ここで適切な治療を受けることができます。
スポンサーリンク