手の爪 剥がれる 原因

手の爪が剥がれる原因

スポンサーリンク

手の爪は健康のバロメーターと呼ばれることもあり、その症状によっては病気のサインであるケースもあります。
たとえばよく見聞きするのは二枚爪や、爪が剥がれるといった症状です。
これは貧血の場合によく見られるケースですが、たんに爪に衝撃が加わったことが原因で発生することもあるので、必ずしも病気のサインというわけではありません。
他にも明らかに爪の病気とわかるのは、爪が厚くなってもろくなる爪白癬や、爪白癬と同じ症状が出る爪カンジダ症、爪の両脇が皮膚に食いこんでしまう巻き爪や、爪が黒く変色するメラノーマなどがあります。
あとは扁平苔癬によって爪が薄くなって消失したり、尋常性乾癬によって爪が変形するというケースなどもあります。
スポンサーリンク

手の爪が剥がれる原因は病気のサインの他にもさまざまな理由がありますが、まずは爪がケラチンというたんぱく質で形成されていることを前提として、爪そのものに必要な栄養や健康を考えてみましょう。
とくに爪に効果的とされている栄養素としては、たんぱく質はもちろんのこと、鉄分や亜鉛、ビタミンBやビタミンEなどが重要とされています。
他にもビタミンAやビタミンD、カルシウムなども良い影響を与えてくれるようです。
そして見た目の色がピンクで、表面が滑らかで凸凹でないことも大切です。
このように爪が美しいことは、健康の証拠でもあります。
ちなみにネイルは美しいですが、やりすぎると爪がもろくなることもあるので注意しましょう。
スポンサーリンク