陥入爪 肉芽腫 治療

陥入爪によって形成された肉芽腫の治療方法

スポンサーリンク

側面が周囲の皮膚に食い込んでいる状態の爪を陥入爪といいます。
爪の食い込みがひどくなると周囲の皮膚が炎症を起こして赤く腫れたり傷ができたりしますが、この状態のまま放置していると炎症を起こした部分や傷口から雑菌が入り込んで化膿することもあるので注意が必要です。
爪が陥入爪になると肉芽腫を形成することがあります。
肉芽腫は最初は小さいですが、炎症が長く続くと大きくなったり増殖したりすることがあります。
大きくなった場合は爪の食い込みが深くなるので痛みが強くなりますし、治療も難しくなります。
また、肉芽腫からは浸出液が出るので放置していると周囲の皮膚がただれたり、爪自体も柔らかくなったりします。
その結果、陥入爪がますます皮膚に食い込むようになるので強い痛みを感じるようになります。
肉芽腫を放置していると雑菌が体の奥深くまで侵入して髄膜炎を発症することもあります。
髄膜炎を発症すると最悪の場合は死に至ることもあるので、陥入爪になって炎症が起きたら早急に病院で治療を受けることが大切です。
スポンサーリンク

陥入爪によって形成された肉芽腫の治療法は診療科によって異なります。
形成外科では炭酸ガスレーザーで肉芽腫を焼き落とすという方法で治療が行われますが、皮膚科では液体窒素で肉芽腫を凍結させて壊死させるという方法で治療が行われます。
どちらの治療法が適しているかは個人差があるので、できれば形成外科も皮膚科もある総合病院を受診した方がよいです。
その他にもクエン酸を塗って火傷させることで肉芽腫を死滅させるクエン酸療法という治療法もあります。
しかし、クエン酸療法は強い痛みを伴いますし、再発する可能性もあるので注意が必要です。
肉芽腫が形成されるのを予防するには陥入爪にならないようにすることが大切ですが、そのためには爪を切る時は深爪をしないようにすることが大切です。
また、細身の靴や足の形に合わない靴は爪が変形する原因になることがあるので、なるべくこれらの靴は履かないようにすることも大切です。
それに、爪水虫が悪化すると陥入爪の原因になることもあるので、爪水虫になったら病院で適切な治療を受けることが大切です。
スポンサーリンク