陥入爪 子供 治療

子供の陥入爪の治療と予防の心得

スポンサーリンク

陥入爪は爪の端がトゲのような形状になって皮膚に食い込む状態を指します。
サイズの合わない靴を長く履き続けたり、爪切りを怠って伸ばしたままで放置することで陥入爪を患うリスクが増大します。
特に成長期の子供は靴のサイズが合わなくなることが多く、本人が気づかないうちに陥入爪が生じていることもあります。
陥入爪は爪が食い込んだ部分に激痛が生じる他、表皮が傷ついて細菌感染を引き起こす可能性があります。
子供の爪は柔らかいので一度陥入爪を患うと再発しやすい傾向があります。
そのため、必ず医療機関で適切な治療を受けるように心がけます。
子供の爪の異常を治療する場合、症状を引き起こしている変形した爪の切除が一般的な処置になります。
爪の治療は強い痛みを伴うものが多いことから麻酔を施すなど、事前の対処が不可欠です。
また、子供の爪は成人よりも早く再生するため、変形が生じないように適切な矯正を施すことも陥入爪の治療で必要な心得です。
スポンサーリンク

子供の爪の変形を防ぐためには履いている靴のサイズに気を配ることが最も重要なポイントです。
サイズが合わない靴を履き続けると足の指が圧迫されたり無理な力がかかってしまいます。
そのため、爪の変形が生じやすくなり、陥入爪を患うリスクが増大します。
また、爪を切る際に深爪の状態になったり周囲の皮膚に傷が付いてしまうのも陥入爪の原因になります。
子供の爪を切る際は保護者が慎重に対処することがトラブル回避の条件です。
子供の爪に異常が生じたら速やかに治療することが大切ですが、損傷の状態によっては爪を人為的に切除する必要があります。
子供の体に大きな負担をかける治療なので心身のケアに尽力することが保護者の責務です。
また、爪が再生するまでは患部に余計な力をかけないように生活面でのサポートも重要になります。
爪の治療は完治するまで患部に刺激を与えないように気を配ることが綺麗な形状を保つための条件なので、子供の生活管理を保護者が適切に行うことが大切です。
スポンサーリンク