巻き爪 ブロック 期間

巻き爪ブロックの改善までの期間

スポンサーリンク

巻き爪ブロックを装着してからどのくらいの期間で治るのかということは気になってくる部分でもありますが、巻き爪の状況だったり、爪の硬さ、幅、巻き爪ブロックの矯正力などにもよって大きく異なってくるのでどれくらいの期間で治るとは個人差もあるので一概に言うことはできません。
巻き爪の矯正は、爪を伸ばし、少しずつ矯正していくことになります。
これは巻き爪ブロックだけではなく、病院で行うことになる矯正も同じ原理になっています。
一般的に足の爪はひと月で2cm伸びると言われていて、爪はおよそ6ヶ月の期間で生え変わることになります。
ですので、爪が伸びていくことのに伴って矯正を少しずつかけていくことになり、時間がかかります。
ですが、巻き爪の度合いにもよって期間は大きく異なってくることになります。
軽度の場合なら1〜3ヶ月という期間で治りますし、中度なら3〜6ヶ月の期間になっていて、重度の場合には1年以上の期間がかかってしまうこともあります。
スポンサーリンク

巻き爪ブロックがピッタリと合っている場合には、早く人なら装着してすぐに痛みは緩和されていきます。
遅い人であっても翌日には痛みが緩和されることが多くなっています。
巻き爪ブロックは痛みも改善することができるので痛みを伴っている人には最適です。
巻き爪ブロックは、ノーマル、ハード、スーパーハードといったように3種類からなる矯正力の強さから選ぶことになります。
どのブロックを選ぶかにもよって改善するまでの期間も異なってきます。
矯正力が一番強いのがスーパーハードとなっていてこのスーパーハードを装着することによって改善するまでの期間も短くなることもあります。
ですが、爪が薄かったり、柔らかい人がスーパーハードを使ってしまうと爪に大きなダメージが加わってしまうことになるので、改善まで長引いてしまうこともありますし、症状がさらに悪化してしまうので自分の爪の薄さや柔らかさなどに合わせたブロックを使うことが大切です。
スポンサーリンク