爪白癬 削る 治療

爪白癬の軽度の場合は、削る治療が行われる場合があります

スポンサーリンク

手の爪でも水虫に感染する可能性があり、爪白癬といった症状も起こす場合があります。
爪白癬は爪が白くなり、癬のような表面になりますが、水虫として比較的多い症状なので、診断しやすいです。
爪の先端など症状が非常に軽い場合には、削ることによって完治させることが出来ます。
しかしながら、個人の判断で行った場合には、削ることによって粉状の爪白癬をまき散らすことになるので、削る時には必ず医療機関にて行うことが重要です。
診断によって削る治療が行われ、専門のやすりや爪切りを用いて削る治療を行ってくれます。
また、医師や看護師といった医療従事者が適切に処置してくれるので、確実に爪白癬の症状がある部分を治療することが出来ます。
ただし、すでに爪白癬の症状が進行している場合には削ることが不可能になっているので、塗り薬といった外用薬や飲み薬を利用しての治療が行われ、治療に掛かる期間に対しても長期間掛かりますが、完治を望むことが出来ます。
スポンサーリンク

爪白癬の症状によっては治療にて爪を削る場合があります。
削る範囲に関しては、爪の先端部や表面のみの比較的、軽度の症状のみとなります。
しかしながら、目視での診察では爪白癬の菌の進行具合の診断が難しいことから基本的な治療では、塗り薬によって殺菌を行う治療が選ばれます。
塗り薬の利点は、広範囲を治療することが出来るので、菌を確実に除去することが可能となっています。
また、最近では服用薬も登場しているので、手軽に治すことが出来ます。
特に爪白癬といった水虫の症状は、女性に増えており、中でも冬に増加傾向にあります。
その理由として、女性はブーツやヒールなど履くことから蒸れたり、汗をかくことによって不衛生になりやすくなっています。
このため、菌も繁殖しやすくなっているので、水虫になりやすくなっています。
しかし、女性が医療機関を受診しやすいように婦人科や美容科などでも対応しているので、安心して利用することが出来ます。
スポンサーリンク