爪白癬 原因 糖尿病

糖尿病患者が爪白癬になった場合に症状がひどくなる原因について

スポンサーリンク

糖尿病は一般的にもよく知られている病気の一つです。
糖尿病患者が注意しなければならない病気として爪白癬があげられます。
糖尿病になると太い冠状動脈と末端部分の毛細血管に血管障害があらわれやすくなり、特に心臓から一番遠い部分である足は異常が起こりやすく改善されにくくなります。
爪白癬は皮膚糸状菌の一種である白癬菌に感染や寄生されることで起こる症状で水泡やただれや皮膚の経常異常を伴う特徴があります。
爪白癬などの白癬菌に感染や寄生されると皮膚に傷やただれができます。
そこに雑菌や黴菌がつけば抵抗力の引く糖尿病患者はすぐに炎症や化膿を起こしてしまい、さらにその膿を餌にしてどんどん症状が広がっていきます。
そのため糖尿病などの病気を患っている場合などには特に注意が必要です。
爪白癬などの症状があらわれた場合には早めに医療機関に行き適切な処置を行いましょう。
自己診断で対応してしまうと悪化させてしまう可能性もあるため医療機関で原因をはっきりさせ早めに適切な処置を行うことが重要です。
スポンサーリンク

白癬菌とは人体に生えるカビの一種で原因菌が感染したり寄生することで症状があらわれます。
足に原因菌が感染した場合には足白癬、手に原因菌が感染した場合には手白癬、爪なら爪白癬と呼ばれています。
あらわれた部位によって対処法や治療期間などが違ってきます。
原因である白癬菌を防ぐには体を常に清潔に保つことが重要になります。
白癬菌は体に付着したからといってすぐに症状があらわれることはないので洗い流すことで予防することができます。
白癬菌に入り込まれてしまい足白癬や爪白癬などの症状があらわれてしまうと非常に厄介です。
治療に時間がかかる場合が多くかゆみを感じたりするため原因である白癬菌に感染しないように日ごろから注意しましょう。
糖尿病を患っているとさらに厄介な症状になります。
糖尿病を患うと皮脂組織の数値が上がり体液のバランスが崩れ皮膚の免疫機能も低下します。
その状態で足白癬や爪白癬などになってしまうとすぐに炎症や化膿を起こしてしまいます。
さらにその膿を餌としてどんどん化膿範囲も広がります。
つぶしたり、かいたりしてしまうと症状が悪化する場合もあるため早めに医療機関で原因菌を特定し、適切な治療を受けることが重要です。
スポンサーリンク