巻き爪 親指 しびれ 原因

親指の巻き爪としびれの原因

スポンサーリンク

爪のトラブルとして多くなっているのが足の巻き爪ということになります。
巻き爪になったときにはいくつかの症状が現れるようになっていますが、その中で足の親指にしびれを感じることがあります。
足の親指にしびれを感じたときには少し心配になってしまいます。
なぜ親指にしびれの症状が現れるようになっているのかというと、爪が皮膚の肉に食い込んで、しびれが発生しているのが原因です。
肉に食い込んだ爪を外に出してあげることで、親指のしびれが改善されるようになっています。
巻き爪で親指のしびれを感じることがありますが、このときに考えられている原因は、神経が圧迫されていると言うことになります。
しかし神経が圧迫されても、ほとんどの人はしびれを感じることなく痛みを感じるようになります。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
巻き爪で親指が麻痺しているというようなときには、病院を受診するようにします。
ここでしっかりと原因を追及する必要があります。
スポンサーリンク

巻き爪で麻痺の症状が出ているときには、食い込んだ爪を出してあげるという処置をする必要があります。
巻き爪が原因となっていないこともありますが、この場合はなぜ麻痺が発生しているのかという原因をしっかりと追求する必要があります。
神経が麻痺していないときに考えられる原因は次のようになっています。
それは腰痛から神経が圧迫されて麻痺が発生していると言うことです。
このほかには糖尿病によって足の麻痺が発生していると言うことです。
神経痛から麻痺が発生していると言うこともあります。
血管が詰まることで神経障害が発生していると言うことが原因となっている可能性もあります。
どうしても巻き爪で病院に行くことができないという場合には、親指の肉に食い込んでいる爪を外に出して様子を見るという方法もあります。
これで数日経過した後に麻痺が治ると言うことであれば、改善していると判断することができます。
しかし麻痺が治まらない場合には、病院を受診する必要があります。
スポンサーリンク