巻き爪 深爪 治し方

深爪で巻き爪になったときの治し方

スポンサーリンク

手の爪も爪の端を深爪を繰り返すことによって巻き爪になります。
さらに巻き爪になる要因として本来は巻爪になりやすい爪は指を使うことによって圧力がかかり、防いでいましたが、スマートフォンなどの電子機器の普及によって指先に力を入れる機会が少なくなったことから巻き爪が増えています。
治し方としては、爪の端を深爪にせずに爪の形を平らにすることによって爪にかかる圧力が均一になるので、巻き爪を防ぐことが出来ます。
さらに最近ではドラッグストアでも矯正器具が販売されており、爪に直接、矯正クリップを固定させるものからゴム製の固定器具を深爪によって巻き爪になった爪の内側の肉に圧力をかけて矯正させるものが販売されています。
手軽に購入して使用できるので、症状が軽度の場合の治し方として有効な手段となっています。
また、最近では関心が高まっていることから深爪にならないような爪の切り方や症状の解説、治し方などが紹介されているので、参考に出来ます。
スポンサーリンク

深爪によって巻き爪になるケースが若い年齢を中心に増加傾向にあり、医療機関を受診する方も増えています。
増加する原因として、爪のケアに対する意識の高まりから様々な方法を行っていますが、結果的に深爪の状態に陥ってしまい、深爪から巻き爪になっています。
治し方としては、基本的には医療機関では正しい爪の形を固定用の器具を用いて徐々に矯正します。
さらに必要に応じて爪の切り方などの指導も行い、巻き爪を繰り替えさないような治し方を行っています。
診療科としては、外科や形成外科にて対応しており、個人の診療所で行っています。
しかしながら、最近では需要が増えていることから専門に行う医師もいるので、専門的な治し方を希望する場合には活用すると良いです。
医師や巻き爪の治し方に関する情報については、インターネットでも医療の情報サイトやそれぞれの医療機関のホームページなどでも確認することが出来るので、参考情報として役に立ちます。
スポンサーリンク