爪白癬 黒い 原因

爪白癬が黒い原因について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で爪の色に異常が発生していると言うことがあります。
その中で爪が黒いという状態を発見することがあります。
爪は健康のバロメーターとなっていますが、黒くなるときには何らかの原因が隠されています。
爪は体の端にあるので、血液の流れが悪くなるとその影響を受けやすいと考えられています。
爪が割れたり変色すると言うことは、体のどこかで異常が発生していると考えることができます。
そこで気になるのが爪の色でわかる病気です。
爪が黒いときに考えられる原因としては、爪白癬というものがあります。
白いという文字が入ると言うことで見た目が白くなると考えている人がいますが、爪白癬では爪が茶色っぽくなったり黒いような色をしていることがあります爪白癬は爪の水虫というように考えられています。
気がつかずにそのまま放っておくという人がいますが、しっかりと治療をしなければいつまでも白癬菌が皮膚の中に存在すると言うことになります。
スポンサーリンク

爪白癬は爪が黒い状態となりますが、具体的には次のような症状があります。
爪が黒くなったり茶色くなったりします。
爪が厚くなったりぼろぼろになったりします。
全体的に黒くなってきたというようなこともあります。
爪白癬は白癬菌が原因となっていますが、症状が進行すると、爪が変形して痛みが発生するというようなこともあります。
爪に白癬菌が感染したことが原因で発症します。
爪が水虫になっていると考えられています。
爪白癬は家族の間でも感染することがあるので、しっかりと原因を取りのぞいて治療を行うことが必要になります。
爪白癬の治療は次のようになっています。
外用薬が処方されるようになっています。
これは専用のもので黒い爪が生え替わるまでの6ヶ月から1年間継続して治療をすることが必要になります。
内用薬もありますが、これも6ヶ月の服用が必要です。
爪が黒いときには、白癬菌が原因となっている可能性もあるので、自己判断をせずに病院を受診します。
爪が黒い原因が命に関わることもあるので、しっかりと検査をするようにします。
スポンサーリンク