巻き爪 膿 出す 方法

巻き爪の膿を出す方法

スポンサーリンク

足のトラブルはたくさんありますが、その中で巻き爪に悩まされているという人がいます。
巻き爪は症状が悪化すると、膿がたまってしまうこともあります。
こうなると歩くこともできません。
巻き爪で膿が発生しているときにはどのような治療を行えばいいのか気になります。
膿が発生しているときの治療方法などをしっかりと頭に入れておくようにします。
巻き爪が発生し、膿が出ていることに気がついた場合には、出血も発生していることが多くなっています。
この状態では巻き爪ではなく陥入爪という状態となっています。
爪の角がとげのようになって皮膚に突き刺さり、炎症を発生していると考えることができます。
この場合爪の端を切ることで一時的に痛みを取り除くことができます。
しかしさらに巻き爪になって症状が悪化してしまうのです。
ここに細菌が侵入することで膿が発生するようになっています。
無理に膿を出すと言うことを行うと、細菌感染を引き起こして悪化してしまいます。
スポンサーリンク

膿が気になって仕方がないという場合には、自宅で出す方法もあります。
自宅で処置をしたいと考えた場合には、お風呂に肺って爪の周辺の皮膚が軟らかくなったときに、周辺を無理のない適度な力で押して膿を出すという方法が行われています。
出す方法としては、清潔なガーゼを使ってふき、患部を消毒して様子を見ながら行うようにします。
これが巻き爪の膿を出す方法となっていますが、これを行うことで症状がすぐに改善すると言うことではありません。
しかし少しずつ出すという方法を行うことで、量が少しずつ減少していきます。
しかし自分では処置をすることができない場合もあります。
このときの出す方法としては病院を受診するようにします。
病院では皮膚科や外科、このほかには整形外科や美容外科などを受診するようにします。
受診の前に電話で治療を行うことができるか確認しておくと安心です。
あまりにも症状がひどい場合には、手術が行われることもあります。
スポンサーリンク