ひょう疽 症状

ひょう疽の症状や特徴や対処法について

スポンサーリンク

ひょう疽とは手足の爪の周辺にある小さな傷から菌があることが原因で腫れてしまう皮膚病のことです。
ひょう疽の正式な名称は化膿性爪囲炎といいます。
症状としては手足の爪周辺が細菌感染することで炎症が起きて腫れや痛みがあらわれます。
また皮や爪の下に膿がたまる場合もあり白く透けて見える場合もあります。
ひょう疽は細菌感染が原因で起こる症状のため、手が荒れやすい人が発症する可能性が高いです。
そのため手が荒れやすい仕事を行う主婦や清掃業者や調理師、指しゃぶりをする乳幼児などがなりやすい症状です。
指が湿った状態が長く続くと細菌が増殖しやすくなり、手先がふやけた状態が長く続くことで皮膚に傷がつきやすい状態が続くことになるためです。
ひょう疽は放置してしまうと悪化する場合もあり、悪化すると治療が複雑になり治療期間も長くかかるため症状があらわれた場合には早めに医療機関で治療してもらうことをおすすめします。
医療機関ではまず症状の原因菌を特定します。
そして原因菌に効果のある抗菌薬を塗ったり服用することで治療を行います。
痛みが強い場合には痛みどめが併用される場合もあります。
スポンサーリンク

ひょう疽は手足の爪周辺の小さな傷からカビや細菌が入り込むことが原因で腫れてしまう皮膚病です。
ひょう疽は初期だと患部の範囲が小さいため軽く考えられがちですが、症状が長引く場合にはできるだけ早く医療機関で治療を行ったほうがよいでしょう。
初期であれば治療にかかる時間も少なくて済みますが、慢性化してしまうと治療内容が複雑化し治療のための期間も長引きます。
医療機関で行われる治療法としては、症状が軽い場合にはまずは患部を消毒し原因菌に効果のある抗菌剤を塗布します。
痛みがひどい場合には痛みどめも併用されます。
そして必要に応じて抗菌剤を内服します。
炎症が広範囲に表れている場合には点滴を行う場合もあります。
発症後すぐに治療を始めた場合には症状も早く治りますが、長引いた場合にはカンジダ感染を起こしている可能性もあるため治療が長期化するケースが多いです。
腫れや痛みが強い場合には冷湿布で患部を冷やして安静にしましょう。
安静にする際にはできるだけ患部を心臓より高い位置になるようにしましょう。
ひょう疽は悪化してしまうと厄介な病気ですので症状があらわれた場合には早めに医療機関に行き適切な治療を受けましょう。
スポンサーリンク