ひょうそ 原因

ひょうその原因と治療法

スポンサーリンク

ひょうそとは手足の爪の周囲が細菌に感染することで炎症を起こす病気で、正式には化膿性爪囲炎といいます。
ひょうそを発症すると爪の周囲が赤く腫れて熱を持ったり、ズキズキとした痛みを感じたりします。
炎症が浅い場合は膿疱ができて患部の周りが白くなることがあります。
炎症が深い場合は関節にも炎症が起きて指が曲げにくくなったり、爪が剥がれたりすることもあります。
ひょうその主な原因は指の周囲の傷口から細菌が感染することです。
原因となる菌は様々ですが、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの身近な菌が原因となることが多いです。
黄色ブドウ球菌や連鎖球菌はあまり強い菌ではないので通常は無害ですが傷口がある場合は注意が必要です。
その他にも緑膿菌や大腸菌、水虫の原因菌である白癬菌などが原因となることもあります。
また、指先が湿った状態が続くと細菌が蔓延してひょうそを発症しやすくなるので、日常的に水仕事をする人や指をしゃぶることが多い乳幼児などはひょうそを発症しやすい傾向があります。
スポンサーリンク

ひょうそを放置して悪化すると細菌が全身に回って重症になることがあるのでなるべく早く治療を開始することが大切です。
軽症の場合は市販薬を塗っておけば治療できることもありますが、市販薬を塗っても症状が改善しない場合はすぐに病院で診断を受けることが大切です。
病院でのひょうその治療は患部を消毒してから原因菌に効果のある抗菌薬を塗るのが一般的ですが、痛みが強い場合は痛み止めを併用することもあります。
また、場合によっては抗菌薬を内服したり、点滴をしたりすることもあります。
症状がなくなったからといって処方された抗菌薬の内服を途中で止めると耐性菌が生じる原因となることがあるので、処方された抗菌薬は医師の指示通りに内服し続けることが大切です。
患部の腫れや痛みがひどい場合は冷湿布をして安静にしていることが大切です。
症状がひどい時に激しく体を動かすと症状が悪化してしまうことがあるので注意が必要です。
また、針などを使って膿疱に小さな穴を開け、そこから膿を出すと早くよくなることがありますが、自己判断で行うと逆に症状が悪化することがあるのでこの処置は医師にしてもらうことが大切です。
スポンサーリンク