巻き爪 痛み 軽減 方法

巻き爪の痛みを軽減する方法

スポンサーリンク

巻き爪は、爪の両足が巻き込んで行って強い痛みが出ることです。
爪が内側に巻き込んでしまい、炎症をおこしたりそこから化膿したりすることもあります。
痛みがあるために靴は履きづらかったり、歩行に支障が出たりしてしまい日常生活にも大きく影響を及ぼしてしまいます。
正しい姿勢で歩けないことにもなってしまうために、下肢や腰にまで影響が出てしまうこともあります。
こうならないためには、できるだけ軽症のうちに治すように軽減できる方法を実践してみるのがお勧めです。
巻き爪の主な原因になるのは、窮屈な靴や合わない靴を履き続けていることや爪を深く切り過ぎること、運動やスポーツの影響、加齢、肥満で負荷がかかり過ぎること、爪水虫、あるいは、関節リウマチなどの疾患で起こる場合もあります。
巻き爪を治すためには、原因がどこから来ているのかも知っておく必要があります。
思い当たる点がある方は、痛みを軽減するために原因を探ってみることをお勧めします。
スポンサーリンク

まず、よくある軽減方法でおすすめなのは、先の細い靴を履かないことです。
圧迫された状態が長く続くためより痛みを強く感じるようになるからです。
また、爪を深く切り過ぎないように注意することも大事です。
巻き込んでしまうので爪を深く切ってしまいがちですが、返ってそれでは巻き込みやすくなってしまう場合もあります。
そして、肥満や出産で急激な体重の増加がある方は、できるだけ体重のコントロールを意識してみましょう。
負荷が少しでも軽くなることで痛みは和らいでいきます。
さらに、加齢による原因の場合には爪が硬くなってしまうので、乾燥しないようにクリームを塗ったりして、保湿できるように注意しましょう。
それから、爪水虫が原因になっている場合には、できるだけその病気の治療を徹底的に行うようにしましょう。
そのほか、巻き爪になりやすい方は、爪につける対策グッズもお勧めです。
物理的に巻き込みやすくなることを防げます。
関節リウマチが原因である場合には、病気のコントロールをすることで軽減が期待できます。
それぞれの原因に合わせた軽減方法を合わせて行うのが賢明です。
スポンサーリンク