手の爪 厚くなる 原因

手の爪が厚くなる原因とは

スポンサーリンク

手の爪は、形や色などが健康状態を移す鏡となっている場合があります。
健康な爪の色は、薄いピンク色です。
そして、表面はなめらかで、凹凸などはありません。
もし、爪の表面に凹凸があるなどの症状がある場合には、何らかの病気が隠れている可能性もあります。
特に、女性の場合はネイルアートなどを行なっていると、実際の爪の色や形を把握しにくいことがあります。
時々は自身の爪の色や形を確認してみることをおすすめします。
手の爪が厚くなっているという場合には、いくつかの原因が考えられます。
場合によっては、他の人に感染する可能性もありますので、注意が必要です。
症状が見られる場合には、早めに治療を開始することが大切になります。
スポンサーリンク

まず、手の爪が厚くなる原因として、白癬菌の感染が考えられます。
爪と皮膚との間に白癬菌と言われるカビが繁殖することで爪が厚くなることがあります。
厚みが増す前に、爪の先端が白っぽくなり、徐々に爪全体が厚く変形して行きます。
爪の強度も低下するため、表面が剥がれ落ちることもあります。
最初は1本だけに症状があらわれていた場合でも、菌が隣の爪に移り、複数の爪で同じような症状があらわれることもあります。
爪が黄色く変色し、厚みがあるという場合には、肺疾患がある可能性があります。
特に、爪や指先が丸く膨らんでいるように見える場合には、肺がんの可能性があります。
通称、ばち指と呼ばれるものですが、この症状は肺がん患者の約6割に見られるとも言われるものですので、ばち指のような症状がある場合には、病院を受診しましょう。
スポンサーリンク