手の爪 伸びない 原因

手の爪が伸びない原因と対処法について

スポンサーリンク

私たちの「手の爪」は、通常健康な人ならば一日に0・1ミリから0・2ミリ程度のスピードで伸びます。
ですから一週間に1ミリから2ミリ伸びることになり、人にもよりますが、一週間で2回から3回程爪を切ることが多いです。
そして、正常な爪は「ピンク色」をしており、爪の下部には「半月状」の「境界線」見えます。
しかし、中々手の爪が伸びないと感じることがある場合もあります。
手の爪が伸びないと感じる原因の一つに、冷え性による「血行不良」が挙げられます。
これは、体が冷えることで血液の循環が悪くなりその結果、爪に十分な「栄養」が行き渡らなくなることで起こります。
特に冬場に多いのですが、日本人の女性の7割が「冷え性」と言われており、男性よりも女性に多く見られるようです。
次に挙げられる原因として「爪を噛む癖」があります。
これは、特に子供に多く、原因として何らかの「ストレス」を感じることによって「爪を噛む」仕草をするようです。
ある程度の年齢になってくると治まってきますが、中には大人になっても治らないこともあるので注意が必要となります。
スポンサーリンク

次に手の爪が伸びないと感じた場合の対処法ですが、簡単にできるもので「指先のマッサージ」があります。
指先を温めてマッサージすることで、血の巡りが良くなり、爪が早く伸びると言われています。
日常で予防する方法としては、まず「爪に良い栄養」を与え、「新陳代謝を高める」ことが挙げられます。
爪は「皮膚の一部」であり、「ケラチン」という「タンパク質」の成分でできています。
ですから毎日の食事で、肉や魚、卵や牛乳、大豆などの良質なタンパク質の摂取が必要となります。
また、これら以外でもカルシウムや亜鉛、鉄なども必要となります。
特に「亜鉛」は、日本人が不足している栄養素の一つでもあります。
食事で摂取できないのであれば「サプリメント」での代用も可能です。
そして、お風呂に入った際に爪にお湯をあてて温めると、新陳代謝が高まり爪が早く伸びると言われています。
爪の伸びるスピードは人によって違いますが、早く伸びるスピードのピークは10歳から15歳と言われており、その後年々衰えていきます。
ですから、新陳代謝を高めるような「健康的な生活」を送れるように、生活習慣の見直しも重要なことと言えます。
スポンサーリンク