手の爪 メラノーマ 原因

手の爪のメラノーマと原因について

スポンサーリンク

毎日手をじっくりと観察すると言うことはありませんが何気なしに見たときに手の爪に黒い線がはいていると言うことがあります。
このように突然できた黒い線を見たときに最初に頭に思い浮かぶのがメラノーマになります。
メラノーマは非常に怖いがんで、命を落とすこともあります。
患者の数も増加傾向にあるので誰にでも発症する可能性があります。
したがって手の爪に黒い線ができたときには放っておかずに病院を受診することが大切になります。
ここで皮膚がんと言うことになればすぐに治療を行う必要があります。
主に手のひらや足の裏や爪に発症しやすくなっています。
それが全体の30パーセントを占めているとされます。
また体のどの部分にもできる可能性があります。
スポンサーリンク

なぜこのようなものができるのかという原因に関してははっきりと分かっていません。
白人にできやすいという傾向があるので、紫外線が原因として考えられています。
爪や足の裏にたくさん発症すると言うことが特徴となっているので、足の裏に何かけがをしてしまったり指を挟んでけがをするなどの外的刺激も、メラノーマの原因の一つとして考えられています。
メラノーマであるかを見極める方法として、まず形が左右対称ではないということと周りがぎざぎざとしている、色が均一でないというようなことがあります。
手の爪の場合には黒い線が広がって放っておくと爪が割れたりはがれたりします。
指をぶつけてできた線の範囲が広がっていたり線の境界線がぼやけているというような場合には、病院で検査を受けるようにします。
スポンサーリンク