手 親指 爪 痛み 原因

手の親指の爪の痛みの原因について

スポンサーリンク

日常生活の中で、手の親指に痛みを感じるということがあります。
手の親指の痛みに関しては、毎日使うところとなっているので、どこかで打撲をして痛めたと考えることもあります。
しかしこの他に原因が考えられることもあるので、自己判断はしないようにします。
手の親指の爪に痛みを感じるということがあります。
このような痛さを感じたときには病気の可能性もあります。
このときに考えられる病気としては、グロームス腫瘍というものがあります。
このような病気の名前を聞いたことがないという人が多くなっています。
腫瘍ということで癌ではないかと非常に心配になる人がいますが、良性腫瘍となっているのでそれほど心配する必要はありません。
治療方法としては摘出をすることができます。
したがって完治させることができるようになっています。
指先の爪の下にできるようになっています。
したがって自覚症状としては、この部分に何かが当たるだけで痛さを感じるようになっています。
スポンサーリンク

そしてその結果痛いと感じるようになります。
しかしここに何かが触れたり当たったりしなければ痛さを感じることがありません。
違和感がある程度となっています。
ここで注意をしなければいけないポイントとしては、爪に影があったりピンポイントでおさえたときに痛さを感じるというときです。
このほかには冷たい水に手をつけた時に耐えることができない激しい痛みを感じることがあります。
このようなときにはグロームス腫瘍の可能性が考えられます。
最初は痛さの加減に関してはわからないということが多くなっています。
しかし冷たい水に手をつけることで過敏性を誘発することができるので、これで判断をすることができます。
この治療法に関しては手術が行われることがあります。
爪の下に隠れているということが多いので、これをはがして腫瘍を摘出します。
なぜこのような症状が現れるのか原因が気になります。
血管が動脈から静脈へと変化をする折り返しの部分にグロムス細胞というものがあります。
これが異常に増殖することが原因の一つとして考えられています。
スポンサーリンク