手 親指 爪 はがれる 原因

手の親指の爪がはがれる原因について

スポンサーリンク

爪は人間の健康を確認する方法として非常に身近なものとなっています。
したがって爪に何かの異常が発生しているというようなときには、健康状態が悪いと判断することができます。
いつもと違う色をしていたり割れたりはがれるというような状態にあるときには非常に気になります。
手の親指の爪がはがれるときには、何かの病気ではないかと心配になります。
そこで考えられる病気は次のようなものがあります。
手の親指に異常が発生するということがありますが、このときには原因として手足口病による爪甲脱落症というものがあります。
手足口病というのは子供が発症するものとなっていますが、水ぶくれができるようになっています。
子供から大人へと感染することがあるので注意が必要となります。
1週間程度で症状が治まるようになっていますが、数週間後に親指の爪がはがれるというようなことがあります。
これはウイルスが感染するということが原因となって、生成する際に支障が発生してしまいます。
スポンサーリンク

しかし感染した後の症状の場合には自然に治るようになっています。
したがって様子を見るようにします。
痛みがあるというようなときには医療機関を受診するようにします。
薬を処方してもらうことができます。
子供の場合は小児科を受診するということになりますが、大人の場合は皮膚科を受診するようにします。
この他に考えられる原因としては、ヘルパンギーナがあります。
これは夏に流行しやすい夏風邪となっています。
乳幼児の感染が多くなっています。
高い熱が出たり水ぶくれができるというのが大きな特徴となっています。
そして症状が回復してきた頃にツメがはがれるというようなことがあります。
これは生成されるときにウイルスが原因となっていると考えられています。
痛みがないという場合は様子を見るようにします。
痛みがある場合には病院を受診するようにします。
女性に多く見られる症状として爪甲剥離症があります。
これは表面部分の先端から薄くはがれるようになっています。
除光液や洗剤などによる乾燥が原因と考えられています。
スポンサーリンク