手の爪 変形する病気 原因

手の爪が変形する病気と変形の原因を知る

スポンサーリンク

手の爪は健康な状態であれば、なめらかで艶もよく、色もきれいなものとなっています。
爪は体の部位の中でも変化に気づきやすい部分で、割れる、白くなることもありますし、ときには手の爪が変形してしまうこともあります。
手の爪が変形する原因は様々なものがありますので、まずは原因を知り、それに応じた方法で改善を目指しましょう。
そして変形する病気もありますので、何らかの疾患の場合もしっかり治療を行い改善したいところです。
まず、手の爪が変形する原因としては、洗剤や除光液によるものがあげられます。
刺激が強すぎるものであれば、より優しいものに変えてみるのも良いですし、洗剤の場合であればゴム手袋を利用するなどでカバーしてみることもおすすめです。
そして食事のバランスが悪いことも爪の変形につながりますのでこちらも気をつけましょう。
極端に食事制限をしていたり、爪はたんぱく質からできていますが、たんぱく質が不足している場合も爪の不調につながります。
スポンサーリンク

爪が変形する病気についても知っておきたいですが、爪白癬になると爪が白くなる、分厚くなる、変形するなどの変化が起きやすくなります。
爪と皮膚の間に白癬ができるとこうした症状が出やすくなりますが、ネイルの使用が不適切なときにも起こりますので、ネイルアートを行っている人も注意が必要です。
爪が変形する病気としては、爪の真ん中がへこんでしまう、いわゆるスプーン爪もありますが、こちらは貧血や甲状腺の異常が起きているときに起こりやすい症状です。
このほかでは時計皿爪と呼ばれる爪が丸く盛り上がるような症状もありますが、こちらは肺気腫、甲状腺の病気、さらに肝硬変などの病気のときにも起こりやすい症状ですので爪だけではなく、体調にも変化が出ている場合は診察や検査を受けてみましょう。
このほかでも巻き爪があり、足の爪に起きやすい症状ですが、爪の切り方が悪いと手の爪にも起こることがあります。
爪を切るときに切りすぎたことで起こることもありますので、深爪にならないよう注意しましょう。
スポンサーリンク