爪異栄養症 症状 治療

爪異栄養症とは?症状と治療法

スポンサーリンク

今回は爪異栄養症のことについて解説していきたいと思います。
爪異栄養症とは、爪の甲にでこぼこができる状態です。でこぼこも波打つようなでこぼこです。
爪は爪母と、爪床で成り立っています。
爪異栄養症がおこるということは、爪が作られるときに、爪母で発育を邪魔するような刺激が加わった可能性が高いです。
その刺激によって、でこぼこになった爪が伸びていくことによって、次第に爪の先端へと移動していくということになります。
爪異栄養症が起こる原因としては、様々あります。タンパク質などの栄養不足、過労や睡眠不足、ストレスが考えられます。
その中でも一番関係が深いのは、ストレスが原因であるとされています。ストレスが爪に現れ、そして同時に円形脱毛症になる確率も高いでしょう。

スポンサーリンク

ですので爪異栄養症の症状が、複数の爪で症状が出てきた場合は、疲れやストレスが相当溜まっている可能性が高いです。
自分では意識していなくてもストレスというのは溜まっていくものです。
まずはしっかりと、栄養を取り、規則正しい生活をしていくことが重要になってきます。
そして休みの日には、しっかりとリフレッシュをしてストレスをしっかり解消できるように努めましょう。

 

爪異栄養症の治療は皮膚科と皮膚泌尿器科の診断を受けてください。一般的には、概要ステロイド剤を患部に塗りますが、内服する薬も処方されるでしょう。

 

爪はそのひとの健康状態を表していると言われているので、ぜひ健康てきな生活をして、日々の生活を充実させてください。
そのためには、栄養をしっかり取ること。ストレスを軽減することを忘れずにやっていきましょう。

スポンサーリンク