手の爪 痛い 対処法

爪が痛い時の対処法とは

スポンサーリンク

爪というのは人間にとってとても重要な役割を担っているのですが、体の最も先端の部分にありますので、少し見逃しがちが箇所でもあります。しかし爪はとても重要な箇所なので、見逃さないようにしていきましょう。
しかしふと気が付くと爪が痛くなったりしていることがあるかもしれません。その原因として一番可能性があるのは、巻き爪、陥入爪です。
陥入爪は爪が曲がって皮膚のうちがわに食い込むような症状なのですが、その曲がり具合がひどくなっているときは巻爪と呼ばれる様になります。

 

足の親指に多く見られる症状なのですが、ひどくなって来ると歩くのも大変になってくるくらい痛みがひどくなります。
日常生活でふと爪が痛いと感じるようになったら、爪が皮膚に食い込んでいないかというのをまず確認してみてください。

スポンサーリンク

この症状を和らげるためには指に綿を詰めると痛みが緩和します。

 

巻爪や陥入爪を治していくためには、矯正することが必要になってきます。症状が軽度の場合は、すぐに治りますが、症状が進んでかなり爪が食い込んでいる時には、ワイヤーを使って矯正することができます。
しっかりと矯正治療をすることによって完治していきますが、痛みに耐えられないあまり爪を切り取ってしまうことは避けた方がいいでしょう。
切った部分がより鋭くなってしまって余計に痛みが増してしまうということが考えられますので、しっかりと矯正治療をすることをオススメします。

 

このように爪の症状は適切な治療を行っていく必要があります。普段かなり使っている部位なので、ずっと痛いというのはとてもつらいことですよね。
どうしても我慢出来ない時は早く病院にいって症状が進んでいないうちに治療していきましょう。

スポンサーリンク