手の爪 健康 

手の爪で健康状態がわかる!?

スポンサーリンク

手の爪は人間の一番先端の部分にあり、一番栄養が届きにくい場所であります。ですので爪の状態を見れば健康状態がわかるのです。爪がカサカサだったり、割れていたりすると、爪まで栄養が来ていないので、健康状態もあまり良くないということになります。とくに女性にとっては綺麗になりたいというのはみんな思っていることだと思います。
メイクなど外部から見た目を変えていくことも重要なのですが、それよりも重要なのが内側の栄養です。
女性にとって健康ということは綺麗になるためにも最も重要なのです。
また女性はネイルもおしゃれとしてする女性が多いので、爪が健康的であるということもとても重要なのです。
ぜひ健康的な生活を送って健康的で綺麗な女性を目指して行ってください。
そういった感じで爪が健康状態を表すものとなっているので、そのことについて解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

まずいちばんわかりやすいのが、爪の色です。健康な状態の爪というのは、綺麗なピンク色でツヤがある状態です。そして爪を見れば過去の健康状態の記録が残っているとされています。

 

爪に縦の筋や横の筋ができている時があるという人は、縦の筋であれば、老化によって、水分量が減ったり、老化現象であるといえますのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

しかし溝ができたり、横に筋が通っているときは、貧血や糖尿病などの病気の可能性が考えられます。
そしてその状態と同時に色の変化にも注意して見ていきましょう。
色の変化でどんな病気の可能性があるか判断することができます。
黄褐色になったときはむくみなど、黒色は肝臓や血管の病気の疑いがあります。
白く濁っていればネフローゼの可能性があります。そういった感じで、ある程度判断ができますので、爪の変化をよく見ておく必要があるでしょう。
しかし女性の場合はおしゃれでネイルをしています。これによって健康状態を判断することが難しくなってしまうということがあります。そして除光液も爪に悪影響を及ぼしますので、できればしないほうがいいでしょう。

スポンサーリンク