水虫 完治

水虫を完治させる方法とは

スポンサーリンク

爪には雑菌がよく溜まりやすく、代表的な病気として水虫があります。今回はその水虫の完治させる方法を解説していきたいと思います。
まず大切なことは、確実に水虫であるかどうかを確認しましょう。
水虫だけでなく、かぶれや湿疹とうの原因も考えられます。水虫には専用の薬がありますので、別の病気のものに水虫の薬を塗っても意味がありませんので、最初にしっかりと確認しましょう。
そして水虫にはそれぞれの症状にあった薬を使う必要があります。
水虫には、指の間に炎症がおこって赤くなり、皮がむけていく趾間型、
小さな水疱が集まって赤くなる小水疱型、
かかとや足の裏などが固くなってカピカピになる、ひび割れを起こす角質増殖型の3つのタイプがあります。
この3つのタイプがありますので、それぞれの症状に合わせた治療をしていきましょう。

スポンサーリンク

的確な治療を継続して行う必要がありますので、間違った治療をしてしまうと悪化してしまう可能性もありますので注意しましょう。
そして治療をやめないということも重要です。完治するまで、治療を続けないと再発する可能性がありますので、通院や薬の服用はあきらめないで続けていきましょう。

 

水虫を治すことも重要ですが、まず水虫にならないことの方が重要だといえます。
気軽にできる予防法も紹介していきます。

 

爪白癬が、繁殖するまでには24時間以上かかるということが言われています。しっかりとお風呂に毎日入って足を洗うように努めましょう。そうすることで菌の繁殖を防ぐことができます。

 

そして湿気があると菌が活発に繁殖しますので、足の湿気をとるようなこと、サンダルなどを履くなどしてできるだけ湿気を溜めないようにしていきましょう。

スポンサーリンク