手の爪 血豆 

手の爪の血豆の治す方法とは

スポンサーリンク

今回は血豆を治す方法について解説していきたいと思います。
血豆とは、その原因の殆どが内出血によるものです。打撲や、打ち身によって皮膚の内側が出血しているのです。
普通打撲などと外部から強い衝撃をうけると皮膚が傷ついて、出血してしまうのが普通のケースです。
擦り傷や切り傷などを思い浮かべてみてください。

 

しかし根本的に血管が傷がついてしまうと、出血するのです。血管から出血して皮膚のダメージが少ない場合も日々の生活の中には十分ありえます。
そういった場合に内出血というふうになります。
血管から出血して、しかし皮膚は傷ついていない場合、血が身体の外に流れてこずに、皮膚の内側で滞留してしまいます。これがまさに血豆の正体ということになります。

スポンサーリンク

日常生活の中でどのような場面に起こるかというと、ドアの間に指を挟んだり、金槌などで、指を叩いてしまったとき内出血が起こります。何とも言えない痛みを伴いますよね。

 

まずはこの原因を知ることが重要になってきます。原因を知ることによって正しい治療をしていきましょう。

 

血豆を治療する方法として、一番一般的な方法として知られているのが、血を抜くという方法です。針で血豆があるところに穴を開けて、血を抜くのですが、この際に注意したいのが、針をしっかり消毒、殺菌しておくことがとても重要です。
ばい菌がいっぱいついた針では、穴を開けた時、ばい菌が体内に侵入してしまいます。ばい菌が侵入すると別の病気を発症してしまいます。そういったことを避けるためにも針はしっかりと消毒してから行ってください。

 

もう一つの治療方法は放置しておくという方法です。
この方法が最も安全な方法です。人間には自然治癒力という大変すぐれた能力があります。
血豆もこの自然治癒力によって、段々と治っていきます。
見た目を気にしないという人であれば、この方法をおすすめします。
それでも完治しないということがあれば病院へいって医師の診断を受けるようにしましょう。何事も早く対処していくことが必要になってきます。

スポンサーリンク