手の爪 副爪

手の爪の病気、副爪の原因と治療法とは

スポンサーリンク

副爪とはなんのでしょうか、足の爪でも、手の爪でもあるようですが、副爪とは、手の親指や、人差し指から、爪として伸びきらないで、横に出てくる針のような爪のことをいいます。誰しも何度か経験があるのではないでしょうか。

 

この爪は爪切りで短くすることでとくに問題はないのですが、切り忘れて伸びてきた時に服を着る時など、この爪が引っかかってしまうことがあります。
引っかかってそのまま、着ようとすると、服の繊維を傷つけてしまうとともに、自分の爪も引っ張られて痛みを感じることになります、引っ張り過ぎると、爪が皮膚と一緒に引っ張られて、皮が向けてしまうので、怪我につながってしまいます。そして爪が服に引っかかって傷口が余計にひろがってしまうということがあります。
そういったことで日常生活に支障をきたしてしまうのは、とてもつらいことですよね。
今回はこの副爪の原因と、治療法について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

副爪の考えられる原因として、すでに爪の形が変形しているということが挙げられます。このことで生えてくる過程で別の爪が生えてきて、副爪も生えてくるということになります。
すでに爪が変形しているということは、自力では治すことは不可能な状態にあります。
主な治療法としては、早めに爪を切るということが一番の解決策だといえるでしょう。
伸びてくると、他のところに引っかかって余計爪の広がりや傷を広げてしまうので、早めに爪を切るということをやっていきましょう。ふとした時に、引っかかって痛い思いをしたくないですよね。そのためにも、いつも爪は短くしておきましょう。
常に短い状態で、爪を切っていると引っかかることがなくなるので、日常生活も快適に過ごすことができます。
まず早め早めに爪をこまめに切るということをやっていきましょう。
しかし見た目的には爪が2つ生えてきているという状態になっていますので、それが嫌なときは病院にいって治療してもらいましょう。

 

爪は普段靴下を履いて靴も履いていますので、目の届きにくいところにあります。早期発見が一番の対処法になりますので、いつも爪の状態をチェックしておくということもとても大切になってくるでしょう。

スポンサーリンク