手の爪 押すと痛い グロームス腫瘍

手の爪を押すと痛い グロームス腫瘍とは

スポンサーリンク

手の爪を押すと痛い原因はいろいろな要因が考えられますが、一つとしてグロームス腫瘍が挙げられます。グロームス腫瘍とはあまり聞き慣れない病気ですがどのようなものなのでしょうか?今回はグロームス腫瘍について詳しく解説していきたいと思います。よろしければ参考にしてください。
腫瘍と聞くとかなり深刻に心配される方もいるかもしれませんが、グロームス腫瘍の腫瘍とは、摘出することで、完治する良性の腫瘍です。

 

グロームス腫瘍はとは指の先の爪の下に発症します。爪に何かあたったり、押したりするとひどく痛みます。
普段は、何もしないでいるとその爪には違和感を感じる程度です。あたったり、押したりすると痛いといった感じです。
グロームス腫瘍にはブルースポットと呼ばれる影のようなもの、患部を押さえるとピンポイトで痛い、冷水につけるとものすごく痛い。
この3つの徴候があると言われています。このことに心当たりのある人は、グロームス腫瘍の可能性がありますので、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

爪の下の部分に発症する場合がほとんどなのですが、ごくたまに指の腹の部分にも発症するということもあるようです。

 

グロームス腫瘍はとてもわかりにくい病気の一つです。発症したころは、単なる指先の痛みとして見逃されるケースが良くあります。
触れたり押すと痛みを感じるので普段生活していくうえではそこまで支障がないので、見逃しているということになっています。

 

しかしいざ痛みが激しくなり、病院に行って見ると、腫瘍が、骨にまで達してるというケースも有ります。やはり病気は進行していきますので、速いうちから違和感を感じたら、病院にいって診断してもらうことをオススメします。

スポンサーリンク