手の爪の間 臭い 原因

手の爪の間の臭いの原因について

スポンサーリンク

一日中何らかの作業をしている手や指先というのは、とても汚れやすい部分です。
気付かないうちに手の爪の間に汚れが詰まっていて、嫌な臭いを発する時があります。
臭いの原因にはいくつかのタイプがあり、一般的に多いのが汗や皮脂、角質や汚れなどが詰まって、そこに雑菌が繁殖するために起こります。
これらの汚れは雑菌のえさとなり、雑菌が繁殖する時にこれらの物質を分解して、臭いを出してしまいます。
改善法として簡単なものは、清潔に心がけることです。
石鹸やハンドソープでこまめに洗うようにして、汚れは爪ブラシを使って丁寧に取り除きましょう。
また、爪を伸ばしていると汚れもたまりやすくなりますから、可能であればこまめに爪を切るのが良いでしょう。
スポンサーリンク

主婦の方の多い爪の臭いは、玉ねぎやにんにく、魚などの刺激の強い食品を扱った場合です。
これらの食品を洗ったり刻んだりする時に、手の爪の間に玉ねぎなどが詰まってしまって、臭くなる物質が爪の間に入り込むことが原因となります。
簡単に落とす方法としては水道水で手を洗いながら、蛇口などのステンレスに指や爪をこすりつけることです。
イオンの働きによって、原因物質を取り除く作用があります。
また、クエン酸は消臭効果を持っていますから、ぬるま湯にお酢を少し入れた洗面器に手を浸すと、臭いを抑えることができます。
また、お酢の変わりにレモン汁でも効果があります。
それでも取れない場合にはアルコールで拭いて消毒したり、手は荒れてしまいますがキッチン用漂白剤で手を洗うという方法もあります。
スポンサーリンク