手の爪 黒い点 原因

手の爪の黒い点と原因について

スポンサーリンク

爪は毎日目にすることができます。
また爪の色や、乾燥状態などで健康状態を把握することができる指標となっています。
したがって健康状態を把握するために普段からよく観察しておくと言うことが大切になります。
たとえば手の爪に黒い点や線が入っているというようなときには何か体に異変が起きていると言うことを考える必要があります。
手の爪に黒い点や戦があるという場合には体からの病気のサインとして疑うことが大切です。
このときに考えられる病気としてはアジゾン病がありますが、この病気の原因となっているのはホルモンの異常です。
ホルモンの中でもとくに副腎皮質ホルモンがしっかりと分泌されなくなると言うのが原因となっています。
初期症状としてはあまり重いものはありません。
スポンサーリンク

初期症状としては自覚症状があまりないことがほとんどです。
しかし副腎が90パーセント以上失われてしまうと、この病気と診断されるようになっています。
したがって何よりも大切なことは早期発見をするということになります。
健康な人の爪はピンク色をしています。
しかし爪に横筋が入っていたり深い溝があるというような場合には貧血や糖尿病の疑いもあります。
縦に筋が入っている場合には老化現象の一つなのでそれほど心配する必要はありません。
また爪の色によっても体調を判断することができます。
体調によって黄色や白濁したりというような症状があります。
ここで大切なことは毎日しっかりと確認をするということです。
こうすることで異常をすぐに発見することができます。
スポンサーリンク