手の爪 炎症 原因

手の爪の周りが炎症を起こす爪周囲炎の原因と対処

スポンサーリンク

爪周囲炎は、手の爪の根元や指先が赤く腫れたり炎症を起こす症状であり、原因は細菌やカビなどによる感染です。
代表的なものとして黄色ブドウ球菌を挙げる事ができます。
大半は黄色ブドウ球菌によるものですが、それ以外にも化膿性連鎖球菌や大腸菌、緑膿菌などによって引き起こされるケースもあります。
炎症している箇所をそのままにしておくと、膿が溜まり色が黄色く変色してきます。
力を加えると膿が出てくる事もあり、膿が出ると回復に向かう事があります。
ただし、膿が残っている状態ではそれが原因となり、化膿してしまう事もあります。
酷くなると肉芽組織が爪の上まで出てくる事があり、この状態からの治療は難しいものになるので、早期治療が必要となります。
スポンサーリンク

治療法は細菌が発症原因の場合は、抗生物質を使用するのが一般的であり、カビが原因の場合は抗真菌剤を使用します。
また、膿が溜まっている時は切開して膿を出します。
爪が食い込んでいるような場合は、食い込んでいる爪の一部を部分切除し、爪の下に膿が溜まっていれば爪を切除して膿を出す必要があります。
爪周囲炎の予防には、爪やその周囲を清潔にしておく事が大切です。
清潔に保つ事によって細菌が爪と皮膚の間に侵入する事を防ぐ事ができます。
また、手の爪を噛んだりマニキュアなどによる爪周辺への傷を避ける事によって、予防する事が可能です。
そして、水や湿った環境にさらされる事を避け、乾燥した状態に保つ事によって予防する事ができます。
スポンサーリンク