手の爪 いぼ 原因

手の爪のいぼや原因について

スポンサーリンク

魚の目やたこというような皮膚疾患がありますが、これと同じように皮膚にできるものとしていぼがあります。
ウイルス性のいぼと呼ばれるものの原因はヒトパピローマウイルスであることが多くなっています。
基本的に痛みやかゆみはありませんが。
足の裏で大きくなったりすると歩くときに違和感があったり押さえると痛みを感じるというようなことがあります。
いぼは取り除いても再発する可能性が高くなっています。
したがって非常に困った病気となっています。
いぼができる部分はいくつかあり、基本的には体のどの部分にもできおるようになっています。
しかしそのなかでも足の裏や手のひらや手の爪などにできることが多く、顔では口の周りが多くなっています。
スポンサーリンク

症状を放っておき長期化してくると白くなったり黄色くなったりします。
しかしこの中でとくに治療が難しくなっているのが手の爪にできるものです。
これは爪の中にもウイルスが侵入していると言うことが原因となっていますが、治療の際には詰め碁とはがさなければいけないので患者の負担も大きくなります。
手にできた場合には透明の1ミリメートル程度のものから始まって時間の経過と共に大きくなっていきます。
肌色やピンク色で輝きがあるのが初期段階のもので、その後硬くなっていきます。
関節部分にたくさんできることが大きな特徴で、一カ所で治まると言うことはほとんどありません。
治療に関しては早期発見と早期治療が基本となります。
こうすることで全体的に広がるのを抑えることができます。
スポンサーリンク