手の爪 ゴミ 対処

手の爪の間に入ったゴミの対処法

スポンサーリンク

手の爪と指先の間は、汚れが溜まりやすい部位です。
この汚れの正体は、爪と指先の間の皮膚の新陳代謝によって出た垢です。
垢が溜まった状態で放置すると、手全体が不潔な印象を受けます。
そのうえ、垢をエサにして数多くのバクテリアや細菌が繁殖します。
そうすると、次第に異臭を発して非常に不衛生な状態になります。
ゆえに、手の爪に溜まった汚れは適切な対処の元に取り除く必要があります。
まず、簡単な対処法として、爪を短く切りそろえることが挙げられます。
爪が短い方が、ゴミや汚れが溜まることなく自然に落ちやすくります。
逆に、長い爪は汚れが溜まりやすくなります。
また、爪用のブラシを使用して入念な手洗いを行う方法も効果的です。
スポンサーリンク

爪用のブラシは、毛が柔らかいゆえ爪の間のゴミや汚れをむりなく掻き出すことができます。
これを習慣的に使用すれば、手先についたウイルスや病原菌も効率的に除去できます。
そのため、風邪などの感染症の予防にもつながります。
さらに、入浴中のちょっとした心がけで、手の爪と指先の間の汚れを除去することができます。
それは、指先を意識して洗髪を行うことです。
そうすると、髪の毛が手の爪の間の汚れを取り去っていきます。
この時の注意点は、爪の腹を使ってやさしく洗髪することです。
指先を意識するあまり、爪を立てると頭皮を傷める危険性があります。
このように、日常生活における小さな心がけで、手の爪の間の汚れを綺麗に除去することができます。
スポンサーリンク