手の爪 歪み

手の爪の歪みは病気が原因かもしれない

スポンサーリンク

爪のきれいさは女性らしさや繊細さを作る要素ですが、きれいな爪を保つことは意外と大変です。
手の爪が歪みをおびたり、表面がボコボコになる症状があります。
近年はネイルアートのやり過ぎで、爪がぼろぼろになったりする女性が多く見られます。
栄養不足や生活習慣の乱れも手の爪に影響します。
よく言われるのはカルシウムの不足で爪が割れやすくなることが挙げられます。
また、甘皮の取り過ぎなど手入れのし過ぎで爪がスプーン上に歪むことがあります。
歪んでしまったらなかなか元に戻りませんので、過剰な手入れは避けましょう。
爪には縦や横に細かい筋が入っていることがあります。
縦筋の場合は老化現象なので特に心配ありません。
横筋の場合は、爪の成長が一時的に止まったときに起こり、衝撃やストレス、洗剤などの刺激も原因になり得ます。
スポンサーリンク

手の爪の歪みの原因は様々なものがありますが、重要な病気である可能性もありますので無視出来ません。
手の全ての爪が同じように波打っている場合は、全身に関わる病気の可能性が考えられます。
たとえば貧血、糖尿病、ウイルスなどの感染が挙げられます。
特定の爪だけトラブルがある場合は、その爪に何らかの原因があります。
炎症や湿疹など爪の生え際や皮膚が原因である可能性が高いです。
日常から爪を観察し、歪みだけでなく割れ、白濁や黒点などの変色が現れたら、日頃の生活を振り返ってみて、原因を考えてみましょう。
しかし、爪と重大な病気の関係は自分でも気づきにくいので、内科や皮膚科で見てもらって原因を特定してもらう必要があります。
スポンサーリンク