手の爪 平ら

手の爪が平らなときには

スポンサーリンク

爪の形は普段あまり意識することはありませんが、あまりにも変形が激しいという場合にはその形が気になります。
たとえば手の爪が平らになっているというような場合には、次のような疾患の可能性が高くなります。
手の爪が平らになってきたときには、この部分への血液の流れが悪くなっています。
したがって爪の丸みが無くなりたいらになってきます。
このほかには中央部分がへこんでスプーンのようになることもあります。
このような症状が見られた場合には鉄欠乏性貧血の可能性が高くなります。
爪がスプーンのように沿ってきたり平らになってきたときには鉄分が不足したり吸収不良を引き起こしている可能性が高くなります。
鉄はビタミンB群のしっかりとした代謝には欠かせないものとなっているので注意が必要です。
スポンサーリンク

このような状態の爪になったときには、体にさまざまな影響が出てきます。
肌のトラブルだけではなく抜け毛や顔色が悪かったり食欲不振や頭痛、また便秘や集中力の低下などを引き起こします。
鉄欠乏性貧血の場合以外には鉄分が含まれたサプリメントを摂取しなければいけないと言うことはありません。
このときに大切なことは食べ物から鉄分を摂取する必要があります。
このときにはビタミンCが不足しているので上手に鉄分が吸収されていないと言うこともあるので、ビタミンCを積極的に摂取するようにします。
爪は健康のバロメーターとなっています。
爪を見るだけで全身の健康状態や特定の栄養素不足を判断することができます。
したがって普段から爪の状態に気を遣うようにします。
スポンサーリンク