手の爪 へこみ

手の爪のへこみは、生活習慣の改善で解消出来る。

スポンサーリンク

手の爪を触ってみたら、気づいていないうちにへこみがあったという人がいます。
このへこみは体の調子を表しているのです。
というのもこれは体調不良や病気、栄養失調などが原因で引き起こされるからです。
栄養失調というのは具体的に鉄分や亜鉛、タンパク質不足のことです。
これらの栄養素が欠けていると、一時的に爪の成長が阻害されてしまいます。
また成長を阻害する可能性のあるものは、ストレスや風邪などの発熱性疾患、ノロウイルスなどの感染症です。
これらの病気にかかると、手の爪のへこみが発生する可能性があります。
そして面白いことに、指ごとに体の調子を表している部位が異なります。
例えば親指の爪のへこみは、ストレスや過労によって引き起こされます。
全ての手の爪がへこんでいたら病気のサインかもしれません。
スポンサーリンク

それでは、手の爪がへこまないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
まず先ほども述べたように、栄養失調が原因となるので、亜鉛や鉄分を摂取するようにしましょう。
亜鉛はカキやレバーなどに、鉄分はほうれん草やシジミに多く含まれています。
これらを意識して摂ることで、栄養不足を解消することができ、へこみも無くなるかもしれません。
また病気にかからないよう、生活習慣を見直してください。
前述のように栄養バランスは勿論、睡眠不足は病気の原因でもありストレスや過労の原因にもなります。
質のいい睡眠をとって、その日の疲れをしっかりとることで、ストレスも解消され病気にかかる頻度が減るかもしれません。
このような身近なことで対策ができるのです。
しかし全ての爪がへこんでいたら大きな病気の可能性もあるため、早めに病院で診察してもらいましょう。
スポンサーリンク