手の爪 早く伸ばす 方法

手の爪を早く伸ばす方法

スポンサーリンク

手の爪が割れて欠けてしまった時や深爪しすぎたなど、早く爪を伸ばしたい時に役立つ、爪の成分や健康な手の爪を早く伸ばす方法をご紹介します。
まず、爪は皮膚の一部が角質化してできたものです。
つまり、タンパク質なのです。
ケラチンという繊維状タンパク質で、動物性タンパク質は爪に弾力をもたらし、植物性タンパク質は爪を丈夫にします。
そこで、手の爪を早く伸ばす方法として、日ごろの食生活でタンパク質(魚類、肉類、卵、大豆製品)を取り入れることが大切になります。
動物性のものと植物性のものどちらかに偏らず、半々になるようにとるのが理想的です。
さらにバランスを考えるのであれば、体内で十分な量を合成できず、食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸が含まれている食品(アジ、鮭、卵、牛乳、豚ロース)だとなお良いです。
スポンサーリンク

通常、爪の伸びる速さは大人の場合1日0.08〜0.12mmと言われ、手の爪が1枚そっくり生え変わるのには約半年ほどかかります。
その中で爪を早く伸ばすためには、キューティクルオイルをぬることが効果的です。
キューティクルオイルは爪の栄養液と言われ、爪から失われた油分を補い、保湿してくれるオイルです。
爪は根元から伸びるので、爪の根元にキューティクルオイルをぬります。
1日4〜5回を目安にぬると良いでしょう。
そして、キューティクルオイルをぬる時に、特に爪の生え際を念入りにマッサージすると、爪の育成が促進されます。
爪荒れ、ささくれ、乾燥などを防ぐため、爪だけでなくハンドクリームを使って手全体の保湿保温をすることも爪を早く伸ばす上で大切になります。
以上、食事やケアに気をつけることが爪を早く伸ばすことに繋がるのです。
スポンサーリンク