手の爪 変形 病気

手の爪の変形や病気について

スポンサーリンク

健康的な生活を送っているかどうかは体の調子で判断することができますが、このほかにも健康状態を判断する方法があります。
それが手の爪になります。
その目安となるのが色の変化になります。
健康な人の場合には薄いピンク色をしています。
しかし体に何らかの異常や病気が診られる場合には白っぽく濁っていたり赤色や灰色に見えたりすることもあります。
黄色に変化することもあります。
このほかに健康状態を把握する方法としては手の爪の変形があります。
たとえば手の爪が波を打つようにでこぼこと変形しているというような場合や、爪の付け根の白い部分の爪半月と呼ばれる部分が小さくなってほとんど無いというような状態の時には、何か病気の前触れということも考えられます。
スポンサーリンク

多くの場合爪の異常に関しては、生活習慣の乱れや食事による栄養不足や環境の変化によるストレスなどが考えられます。
しかし何か病気の前兆と言うことも考えられるので、気になる場合には病院を受診します。
この場合皮膚科を受診することになります。
それはなぜかというと、爪は皮膚の延長と考えられているからです。
爪にあらわれるこのような変形などの異変に関しては、爪の全体に黒い線や爪の色の変化などがあります。
このような場合には内臓や肝機能の何らかの異常や悪性腫瘍などの可能性もあります。
したがってその場合には皮膚科ではなく内科や総合病院を受診するようにします。
爪は人間の健康を表す指標でもあります。
したがって毎日変化がないか観察をすることが大切です。
スポンサーリンク