手の爪 ぼこぼこ 原因

手の爪がぼこぼこになる原因を知ろう

スポンサーリンク

手の爪がぼこぼこに波打っているように生えてくる悩みの方は、意外と多いようですね。
女性は化粧と同じくらい重要な可愛らしいネイルもできないし、何よりも不健康な印象を周りに与えてしまいます。
なぜ手の爪がぼこぼこに波打って生えてくるのか、原因を知って、防ぐためにはどんな点に気をつければよいのか、調べてみましょう。
その前に爪とはなんなのでしょうか。
爪はケラチンというタンパク質の一種からできていて、その色や形状は、健康生活のバロメーターとなります。
健康な人は薄いピンク色ですが、色が白っぽかったり、黄色みがかっていたり、黒い濁点がある人は身体の異常が考えられます。
また爪がぼこぼこになったり波打って生えてくる時は、爪の異常ではなく、身体からの何かしらのサインかもしれません。
スポンサーリンク

とはいえ、爪がぼこぼこになっているからといって、すべてが病気のサインとは限りません。
例えば縦に線が入ってぼこぼこになっている時は爪甲縦条といって、加齢や乾燥などが原因でなので、それほど心配することはありません。
乾燥を防ぐためハンドクリームやローションなどで、ケアしたり、爪に余計な圧力が加わったりすると発生しやすいので爪切りよりも爪やすりを使ってケアをしましょう。
横に波打って生えてくる爪甲横条の時には、注意が必要です。
栄養障害や痔、服用している薬の副作用などが考えられるからです。
でこぼこの溝が深い時には、内臓疾患の兆候だったり、爪のでこぼこが現れる指によって病気の種類が予想できます。
痛みがないからといって放置せず、あまりにもでこぼこが深い時には、皮膚科や内科の診察を受けましょう。
スポンサーリンク