手の爪 黒い縦線 原因

手の爪に黒い縦線が現れる原因

スポンサーリンク

自分の手の爪や足の爪に縦線が入っていて何かの病気なのかなと心配になったことはありませんか。
爪は健康のバロメーターと言われています。
身体に何か異常が起きると爪に“身体に異変があるよ”と、サインとして現れてくることがあります。
爪の縦線の原因をみていきましょう。
爪の縦線の原因は、ほとんどが老化現象なので病気でない場合のほうが多いです。
皮膚にシワが現れるのと同じように爪にもシワのような線が出てきます。
爪の乾燥も爪の縦線の原因になります。
爪も皮膚と同じように乾燥するとダメージを受けるので爪も保湿してあげましょう。
ストレスや栄養不足やホルモンバランスの乱れなども爪に縦筋が現れたりします。
ビタミン、ミネラルを補給してストレスは極力溜めないようにしましょう。
スポンサーリンク

手の爪や足の爪に黒い縦線が現れることがあり、これは爪の根元にほくろがあるためです。
爪の根元にほくろがあると、爪は横にに伸びるので黒い線として現れます。
悪性化することは滅多にありません。
黒い線が現れた場合で要注意なのは、メラノーマです。
皮膚がんの一種で、悪性黒色腫とも言います。
足裏に発症しやすいのですが、爪に現れるとこもあります。
ほくろと似ていて初期の症状はほくろとほぼ同じです。
長期間同じ幅の黒い線がある場合は良性ですが、黒い線の幅が段々と太くなったり、爪全体に色が広がり黒くなる場合は、悪性の可能性が高いです。
黒い縦線が現れても多くの場合は大丈夫ですが心配な場合は、皮膚科を受診することをお勧めします。
スポンサーリンク